ローランスゴースト初期設定や校正など設定方法

ゴーストエレキ設定方法
       

ゴーストエレキ設定方法

ローランスゴースト初期設定や校正の方法を紹介させて頂きます。

ローランスゴースト52インチ

電源操作

トローリングモーター電源のオンまたはオフは電源キーにより行います。

Lowranceghost52in

 

設定有効モードへの変更方法

セットアップは全て設定モードへの変更後に有効となります。設定モードを有効にするには2+3を発信アラームが2回なるまで同時に押すことにより電源 LEDが点滅し設定モードへと移行します。

ゴーストエレキ初期設定

システム電圧の設定

  1. ペダルの左右に付属する2と3スイッチをアラームが2回なるまで同時に押し設定モードに変更。
  2. バッテリーテストキーの長押しで設定モードに変更。
  3. バッテリー電源供給(24Vor36V)バッテリーボルテージの仕様をバッテリーテストキーで選択。
  4. 再度バッテリーテストキーを長押ししアラームが3回鳴ると選択した設定が保存。
  5. 最後に2と3を同時にアラームが3回なるまでの長押しで設定を確定し設定モードも終了。

ローランスゴースト設定

ヘディングセンサー校正設定(キャリブレーション)

  1. 船体に本体を取り付け後、湖上で設定を行いますが水面が穏やかな状況で設定することが良好な設定結果に望ましい。
  2. ペダル左右に付属する2と3スイッチをアラームが2回なるまで同時に押し設定モードに変更。
  3. 3を押すと設定開始確認音が2回なる。
  4. 船尾を基軸とし1秒に2~3度程度のスピード(約2分半)で一週する旋回ペースでゴーストを操舵する。
  5. 校正が完了すると完了通知アラームが3回+4回鳴る。
  6. 最後に2と3スイッチを長押しでアラームが鳴り設定が保存され設定完了。

 

マウントバウオフセット設定(船体直進方向補正の設定)

  1. 船体が真っ直ぐ進む方向にペダルを操作し前進しながら直進方向を決定する。
  2. 2+3を同時にアラーム3回なるまで押し設定決定し設定モードも終了する。

Bluetooth設定

ブルートゥースペアリング

  1. 2+3を同時にアラーム3回なるまで押し設定モードを有効にする。
  2. バッテリーテストキーを押し確認音が鳴るまで待つ。
  3. バッテリーステータス LED が点滅する。
  4. お持ちのブルートゥースデバイスの設定操作でトローリングモーターをペアリングする。
  5. ペアリングが完了すると確認音が鳴り、バッテリーステータス LED の点滅が止まる。
  6. デバイスとトローリングモーターのペアリングが完了。
  7. 2+3を同時にアラーム3回なるまで押し設定決定し設定モードを終了、または他に必要なキャリブレーションを行なう。

 

フットペダル設定キーの構成

  1. 設備しているパワーポールや便利なエレキの機能をゴーストのフットペダルキーボタンに割り当て構成の設定を行うことによりフットペダルボタンで操作することが可能となります。
  2. ローランス魚探モニターとゴーストエレキ本体をNMEA2000で接続
  3. 魚探本体操作にて設定(歯車印のアイコン)→システム→仕様→バージョンがVer20.0以上になっていることを確認しメニューに戻る
  4. 設定→オートパイロット→トローリングモーターの構成→
  5. ・と ・・ のプルタブにはNo functionと未設定となっておりそれぞれ以下の機能をペダルのボタンに設定できます。
  • Anchor
  • Heading look
  • Course look
  • Constant on
  • Power pole  auto up
  • Power pole auto down
  • Waypoint

選択が終了後は最後に右下の保存をボタンを押し構成設定が完了です。

 


〒520-0524
滋賀県大津市和邇今宿12
TEL 077-594-2936

営業(釣行可能)時間:日の出~日没まで

バスフィッシングボートクラブSTAGE公式サイト