ギャンブラーボート スターリング w/ マーキュリー レーシング 300XS 点検

       

マーキュリー船外機 メンテナンス

ギャンブラー(スターリング)ボートメンテナンス

GAMBLER Sterling 2200 /w Mercury Racing 300XSE/Gコンフォートチェック実施させて頂きエロエロイロイロ診させて頂きました。

ギャンブラーボート2200

ギャンブラーボート整備艇をファクトリーガレージに入庫

普段はリフトバスボートを移動させますが、庫内でのチョイ移動にはトラックストレーラードーリー便利です。

ギャンブラー スターリング

 

バスボート船外機の点検

4ストと2ストでは点検内容は少し異なりますが、点検実施の際はいつもバッテリーCCA状態点検から開始しトリム、チルト周りの可動部分、ダイアグでエンジンアワーやトラブル履歴の点検クランキング状態やそれに付随する箇所の点検、静的や動的の単体テスト消耗品類のチェックや交換更にボルトナット類の緩みの点検増し締め等々重要な箇所を点検して行きます。

今回はいきなりバッテリー🔋が完全アウトで取り敢えずブースターを接続して点検です。

マーキュリーレーシング300xs

 

マーキュリー船外機 ロワーユニット点検

ギアオイル交換プロペラハブシャフト周りを点検し必要に応じロワーを取り外し分解整備を行います。

ギャンブラーボートマーキュリーレーシング300xs

 

ボイジャーバッテリー交換

スターリングバッテリーストレージはちょっと変わった所にありドライバーズとパッセンジャーシートの間のセンターシートを取外すとライブウェルのユニット類と一緒に格納されておりトローリングモーター用バッテリーはセンターのバウストレージに設置されています。

ギャンブラーバスボートライブウェル

 

ギャンブラーボートのドライバーからの目線

メンテとは関係の無い余談ですが、ギャンブラーの運転時の目線は低くプレーニング後の走行状態時はさほど気になりませんが、ホールショットの際やトレーラに乗せる際のランチング時はかなり前方視認性が悪くスターリングには以下写真のようにシートに工夫が施されています。

ギャンブラーボート

 

ギャンブラーボートスターリングのシート

座面前方部分で足のヒザ裏の(ヒカガミ)が当たる部分をリフトアップ座面を上げることにより視認性が確保できます。ちょっと面倒ですが、見にくいよりはましです・・。

gamblerboats

 

ギャンブラー スターリングのコンソールストレージ

スターリングは色々他社バスボートブランドと異なった工夫がされていますが、コンソールにも便利工夫がされています。

バスボート

ギャンブラースターリング コンソールストレージの 閉開 はコンソール下のレバーを操作することによりドアが開きストレージとなっています。そこそこの量(50リットルくらいかな?)の物を入れておくことができます。

ギャンブラー スターリング 2200

ギャンブラーボート実走点検

点検後試乗陸上では確認できない実際負荷が掛かる状態での稼働状態チェックします。

マーキュリー レーシング 300xs

ギャンブラースターリング操船操作

ギャンブラースターリング操船他社バスボートメーカーとは少し違った機構が備わっており(写真を撮り忘れ)旧モデルギャンブラーにも付属するモデルがありますが、トリムタブというフラップホールショット時に操作します。これを操作しないと一生ホールショットの状態が続きプレーンに入ることができません。また、慣れるまで少し頭がこんがらがりますがトリム操作もフットトリムとなっており航走時は左足でトリム操作を行います。

マーキュリー オプティマックス

 

ギャンブラー スターリング

バスボート整備の最終チェック掃除

試乗点検完了すると最終の点検掃除を同時に行い完成となります。

マーキュリー船外機

 

 

 


〒520-0524
滋賀県大津市和邇今宿12
TEL 077-594-2936

営業(釣行可能)時間:日の出~日没まで

バスフィッシングボートクラブSTAGE公式サイト